2019年07月一覧

果てしないゲーム

こんにちはマリーです

 

今日は

 

果てしないゲーム

 

被害者でいるメリットがあるから被害者でいる

 

被害者だと、自分を見なくて良い

被害者だと、相手のせいに全てできる

被害者だと、弱者アピールが出来る

 

こんなに私は可哀そうなのというアピールができる

 

だから、私が何をしても責めないでね

 

何でわかってくれないのと相手を責める

こんなに私可哀そうなのに

 

辛いのにわかってくれないと暴力をふるう

 

こうしてかつての被害者は簡単に加害者になる

 

だって、あの人が~してくれないからあの人が悪い

 

自分の幸せがその他人次第だと言う

 

どちらも自らの力を思い出し

自分しか自分を幸せにできる人はいないと

わからなければ

果てしないゲームになる

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


自分をどの面から見るか

こんにちはマリーです

 

今日は

 

自分をどの面から見るか

 

自分を嫌いだと、人からも嫌われていると思う

自分を嫌いだと、拗ねて可愛くない言動になる

 

例えば、相手が褒めていても素直に受け取れない

何か裏を勘ぐったりする

 

そのくせ人に嫌われるのは怖い

 

だから、嫌われたくないからと媚びる

媚びると好かれるどころか

相手からもそれが透けて見えるので

嫌われる

嫌われるどころか利用されたりもする

 

ますます、周りが敵だらけに見えて

自分の周りに棘を作って防御する

 

このパターンを繰り返してきた

 

繰り返した挙句疲れてしまった

 

もしかして私は愛されてるし

愛されていた?とある時気づいた

 

というか「もうそのように思い込んでしまえ」と思ったのだ

 

自分は好かれてるし

愛されてると思うと

周りの人もそう見えてくる

 

周囲の優しさも見えてくる

 

そうしたら、私が人を嫌っても

人から嫌われてもいいじゃないかと思った

 

まだまだ、過去の記憶が襲ってくるときもあるけど

いつも、いや、自分の見方次第だと思いなおす

 

私は愛されている存在だと

思い込んで生きたほうが断然生きやすい

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


顔ダンス

こんにちはマリーです

 

今日は

 

顔ダンス

 

過去の私はいつも仏頂面

表情筋なんぞ使っていなかった

 

若い時はそれでもいい

仏頂面でも若いとクールでアンニュイ

 

問題は35歳を過ぎるころから

 

顔の筋肉も

体の筋肉同様に使わないと退化する

 

40歳を過ぎた頃

笑顔もうまく作れないことに愕然とした

 

作れないどころか

顔を動かすと

顔じゅうが痛いではないか!

 

もはや

クールでアンニュイどころか

ただの仏頂面のおばさんだ

 

私が顔ダンスを始めたのは40過ぎと遅かった

(※おきゃんママさんの顔ダンス、お勧めです)

 

本当ならば

35歳から始めたほうがいいと私は思う

 

今は、ヒアルロン酸注入だの色々あるけど

自然な笑顔ができることが最強だと思う

 

普通に生活していると

意外と顔じゅうの筋肉って使わない

 

ましてや、私のように家にいることが多いとなおさらだ

 

おきゃんママさんは

歯磨きするように習慣化しましょうと言っている

 

1日10分程度でできる顔ダンスお勧めします

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


自分の本音

こんにちはマリーです

 

今日は

 

自分の本音

 

自分の本音って最初は隠れてる

本音を言うのは恥ずかしいという思い込みから

 

最近夫が

母親の1周忌には行くと言っていたのに

初盆だからお盆も実家に行くと言った

 

お盆だから飛行機は高いだの

過去にいろいろあったから

仲が良いとは言えない関係だし

私はいい気分がしないなあと

思ったし、実際言った

 

義弟が継いでいるんだしとか言い訳を言った

 

本音を探ったら

どうせあなたは肉親が大事なんでしょう

という本音が出た

 

私は見捨てられるとか

私より大事なんかという本音

 

ただただ、そうかそうかと出てくる感情を認めた

 

今まで自分にとって

嫌な感情には蓋をすることが多かった

 

今はただただ、認めたし

自分はそう思ってるんだと認めた

 

一般的に良いとされる感情だけでなく

恥ずかしかったり

悪いとされる感情も自分だから

 

本当の私(宇宙だったりソース)は

すべての私を愛してる

 

どちらも私だ

ありのままだ

 

だから、私が嫌な自分を一番抵抗して

いやがっているということだ

 

嫌な自分も好きな自分もどちらも

本当の私にとっては素晴らしい存在

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


原因を探さない

こんにちはマリーです

 

今日は

 

原因を探さない

 

何かうまくいかないと原因を無意識に探す

 

私の言い方が悪かったのかな

伝え方がまずかったかな

 

エゴは無意識に理由を探す

 

物事はただ起こっただけ

 

いつもそこに色付けしているのは自分の観念

 

宇宙の法則は完璧で

その時に起こった出来事が

例え今の自分に都合が悪くても

後から良かったとわかるから

 

だから、本当はいつも大丈夫なのだ

 

大切なのはいつも今に寛ぐこと

 

これは、繰り返し繰り返し

自分に言い聞かせてる言葉

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


嫌な自分

こんにちはマリーです

 

今日は

 

嫌な自分

 

自分の中の嫌な部分って目をそらしたくなる

見なかったことにしたいと思う

 

他人を自分の頭の中でジャッジしたり

小ばかにしたり

 

そんな自分もただ見つめる

 

受け入れる

 

気分の悪さを受け入れて、ただ感じる

 

私ってこんな奴だったのかあと思う

結構ひどい

腹黒い自分

 

それさえも自分を守るためなのだから、否定しない

 

ただただ受け入れる

 

そしてそんな感情も

自分の一部で一生懸命に

生きて来た証だからと感謝して受け入れる

 

自分で自分を許すのだ

 

古い記憶からの感情が何かのきっかけで出てくる

そのたびにこの作業をする

 

自分の事がどんどん好きになる

良くやってるよ、自分

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ちゃんと伝える

こんにちはマリーです

 

今日は

 

ちゃんと伝える

 

伝えるのが苦手だった

 

自分でやらなくちゃいけないと思い込んでたから

 

頼み事は当然ながら伝えることが苦手だった

 

この地球はテレパシーは使えないから

察してほしいでは伝わらない

 

実家が言葉での

コミュニケーションがなかったからわからなかった

 

結婚してからも良く夫ともめたなあ

 

もっとも、男性と女性は考え方が全然ちがうのもあるけど

 

特に男性はちゃんと言わないとわからない

 

~してほしいと細かく伝えて

その理由まで言うほうが伝わる

 

それから、ありがとうや

大好きだと言う気持ちも口に出して伝える

 

察してほしいは無しでね

ちゃんと言葉で気持ちを伝える

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


罪人

こんにちはマリーです

 

今日は

 

罪人

 

私が悪いんだから、いじめられて当たり前

そう思ってた

 

家でも学校でもいじめられたので

そう思ってた

 

私は罪人の前提で生きてると

いじめる人が現れる

 

だから、いじめる人と

いじめられる人はセットだとも言える

 

どちらも満たされてない心を

加害者、被害者となることで満たそうとしてる

 

当たり前だけどいじめられて当然の人なんかいるわけない

 

自分を出して生きていく勇気がなかったとは言える

 

どのような自分も自分が一番認めてあげる

 

そもそも罪人なんて

勘違いだったと気づく

 

そして、幸せだったんだと生きていく

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


下女の私

こんにちはマリーです

 

今日は

 

下女の私

 

自分なんて価値が無いと思い込んでいた時

人の役に立つことで

その価値を得ようとしていた

 

人に助けを求められず

何でも自分でやろうとしてた

 

いつも疲れてた

いつもふてくされてた

 

どうして私ばっかりこんなに辛いのかと思ってた

 

ある時、生きてるだけで

存在してるだけで価値があると

本で読んだ

(心屋仁之助さんの本)

 

存在給という言葉を初めて知った

 

さっぱり、その時は理解できなかった

 

その後、理解できる時が来た

 

何かするから価値があるんじゃない

いるだけで

生きているそれだけで価値があるのだ

 

理解できる時が来るタイミングも

皆それぞれなんだろう

 

そして、やはりそれも完璧なのだ

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


自分に優しく

こんにちはマリーです

 

今日は

 

自分に優しく

 

自分に一番厳しいのは自分

 

私以上に私を

いつもいつも頭の中で

責める人はいない

 

いつだって

自分が自分に一番厳しい

 

昔は本当に1日中

自分で自分を責めてた

 

やっぱりだめだなあと

わざわざ確認してた

 

ダメな自分のほうが安心してたんだな

 

ずっとそういう風に生きて来たから

 

でも、生きるのしんどいから変えようと思った

 

毎日な毎日良くやってるとか

自分で自分を褒めるようにした

 

最初は難しかったけど

オエオエしながらやり続けた

 

段々素直に受け入れられるようになった

 

本当によくやってるよ私

 

自分に優しくね

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。