生きる

こんにちはマリーです

今日は

生きる

77歳男性の新聞投稿

56歳で下半身麻痺

59歳で右半身不随

正常なのは左手だけ

その後

鬱病発症で精神病院へ

3回目の自殺未遂後

奥様が

「そんなに自分だけ逝きたいの!」と号泣

世界一不幸者の考えから脱却できた

という内容だった

何で自分だけこんな目に合うのかと

私も世界一不幸者の考えだった

周りが見えなくなっていた

でも友人が

私の愚痴を辛抱強く聞いてくれたり

夫も支えてくれた

感謝しかない

生きるのって辛いことも多い

だから人の優しさや暖かさが身にしみる

この男性は

69歳で趣味で絵画を始めて

8回も展覧会で入賞したそうだ

妻や家族に感謝し

長生きしたいと思っていると

締めくくられていた

貴重な人生体験を

シェアしてくださってありがとうございます

とお礼を言いたい

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。