「感謝」で思考は現実になる

こんにちはマリーです

今日は

「感謝」で思考は現実になる

パム・グラウト

パムの本はこのほかに

こうして思考は現実になる1・2

を読んだ

パムは猛烈感謝をすすめている

一般的に良い事があって

感謝できるのは当たり前だが

例えば請求書とか

私のように骨折したとかにも

感謝をしようと言っている

読んで思ったことは

一見悪いことが起こったと思えても

どうつながっていくのか

人間の頭ではわからないのだから

宇宙の采配を信じるということだ

物事を途中で切り取ってみない

骨折も落ち込んだし

今もまだ片手しか使えないんで

不便だと思うことが多い

でも完治したら

両手を使えることに

素直に猛烈感謝するだろうと思う

今は片手は使えること

夫を始め

いろんな人に優しくされること

に猛烈感謝だ

魚の煮つけをスーパーで買って

食べたら甘かった

と夫にこぼしたら

サバの味噌煮を作ってくれた

もうね、有難くて泣ける😂

骨折って

動かすと目から火が出て

息ができないくらい痛いのよ

きっとこの経験も

良いことにつながっていると宇宙を信じる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする