後遺症

こんにちはマリーです

後遺症

先日スーパーに行った時

資源ゴミの(牛乳パックとか)

の所に

仕分けしていれていたら

後ろで

弁当のこれは入れられないの?

と言っている

おばあさんがいた

私に

話しかけられているとは

わからず

私は自分のを入れて

立ち去ろうとしていたら

また同じ言葉を繰り返し

え?私に言ってるの?と

振り返ったら

幕の内弁当を食べ終わった

汚いプラスチックのトレイを

私に差し出す

はっ?

私は

素材からして

多分ここに入れることはできない

のではないのでしょうか

と言い

おばあさんは

捨てるの?

私は

汚いなあと思いながら

そうじゃないですか

と答えてその場を離れた

でも、私はまだまだ

自分を大事にしてない

見た時

うわ!きったな!

なのに、それを我慢した

それに本当に

それを廃棄していいか

わからないのに

そうじゃないですか

と答えてしまった

きっとあのおばあさんは

(ずっとため口で失礼なばばあ)

あの人が

捨てていいと言ったと

変換してるなあと反省したよお

夫に話したら

そういう時は

う~ん,私にはわかりません

と怒らずに言えばいいんだよと

教えてもらった

ちなみにこの

さあ、わかりませんって

いろんなシチュエーションで使えるね

昔、身に覚えがない事や

勝手に私がやったと

決めつけられていた事など

どう答えても否定する前提で

しょっちゅう問い詰められていて

わからないと答えると

とぼけやがってと

罵られ暴力を受けていた

名残がまだあったと思った

ずっと

心の底に押し込めていたから

思い出して心臓バクバクだ

今はもう安心して

わからない

と言っていいんだなあ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。