罪悪感1 (私の子供時代の母からの虐待)

こんにちは。マリーです。

今日の千葉は曇り、

午後から雨予報です。

さて、

罪悪感1(私の子供時代の母からの虐待)

についてのシリーズです。

私は2歳半、弟が0歳の時、

実父を亡くしました。

不思議なことに

断片を覚えています。

窓ガラスが割れていたこと。

誰かに抱き上げられて、

白い灰とお骨を見たこと。

私が5歳の時、

母27歳、養父20歳で

再婚します。

その後、妹が産まれました。

2人小さな子供を抱えて

大変だったのは、想像できます。

しかし、母の地雷が

どこにあるのかわからず、

いつもビクビクしてました。

(以下、暴力が出てくるので閲覧注意)

• 物差しが割れるほど叩く。

• ハエ叩き、布団叩きで、体中を叩く。

• 頬を叩く。

• 頬をつねり、爪で傷をつける。

(傷跡あり)

• 髪が抜けるまで引っ張りまわす。

(禿げてる箇所あり)

• げんこつで頭はこぶ。

• 水をぶっかける。

• 机などをあさる。

• 手紙、日記を読み、

家族の前で内容をあざわらう。

(もちろん、暴言を吐きながらです。)

• その間、正座で数時間座らされ、

最後に

「土下座しろ、ゲドが。」

で、締めくくりです。

ゲドってわかりますか?

外道のことです。

子供のときはわかりませんでした。

私が、

一番当たりやすい立場だったから、

憂さ晴らしですね。

今はわかります。

けれども、私が悪いからだと

ずっと思ってました。

理不尽に当たられているとか

子供にはわからないですからね。

いつしか反抗する気力も

無くなりました。

続きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする